シンボルツリーはどの木がいい?色々調べてみた

どうも皆さん、平凡です。

今回は、ここ最近欲しくなってきたシンボルツリーにおすすめな木を色々調べてみたので

それについてまとめていこうと思います。




そもそもシンボルツリーとは

そもそも、シンボルツリーとは見栄えする1本立ち樹木のことを言うらしいです。

象徴にもなり、家族見守る存在として新築記念樹子供記念樹としても利用されます。

我が家には、シンボルツリーがなく、必要ないと思っていましたが、色々調べていくうち欲しくなってしまいました。笑

シンボルツリーの選び方

シンボルツリーはもちろん植えて終わりってわけでありません

順調育てばとんでもない大きさになってしまうこともあります。

そのため、私は下記の点を重点を置いて選びたいと思っています。

・成長はそこまで早くないが、成長を楽しみたい

・虫などがつきにくい

・手入れ(剪定)しやすい

・大きくない

・自分たちで地植えできる

と、わがままな内容ばかりですが、どこかは妥協する必要は出てくると思いますが、今のところはこの内容で探している状況です。

地植えについては、できるだけお金をかけず自分たちでやりたいと思っています。

気になるシンボルツリー

ここでは、私がおすすめするわけではなく色々調べていく中で、よく出てくる樹木まとめたものや気になるシンボルツリーを紹介します。

まだ、私たちシンボルツリー決めていないので参考までにと思って頂ければと思います。

シマトネリコ

シマトネリコは、常緑樹であり、夏には白い花を咲かせるようです。

よく初心者向きシンボルツリーとして調べると出てきます。

成長スピードが速く5~6m達することもあるようですので1年1度剪定必要があるようです。

暑さには強いですが、寒さには少し弱いようで寒冷地には向かないらしい。

日当たりも半日蔭などでも育つようで、やはり初心者向きではあるようです。

ヤマボウシ

こちらも、シマトネリコ並ぶ人気らしいです。

一般的落葉樹らしいのですが、中国原産品種では、常緑樹もあるようです。

咲かせなる木としてシーズンごとに楽しみがあることで人気のようです。

は、生食果実酒などにも生かすことができるようです。

成長はそこそこするようなので、こちらも剪定は必要のようです。


ソヨゴ

なびいた葉そよそよと音をたててそよぐということから名前取られている。

常緑樹実がなる木でありますが、雌の木しか実がならないらしいので要注意です。

寒さに強いため寒い地域でも植えること可能

成長遅いため、管理はしやすいから育てる大変。

オリーブ

我が家候補の一つであるオリーブ

常緑樹であり、オリーブの実実らせる木です。

湿気弱いので水のやりすぎには注意とのこと。逆に乾燥気味状態好むらしい。

耐寒温度-3℃とのことですので、強力寒波などにやられる可能性はあります。

風通しを良くするなどの理由剪定は必要だが、基本的に管理しやすい。

ジューンベリー

我が家候補の一つ。

落葉樹であり、果実紅葉を堪能できる樹木。

ジューンベリーが実り、生食ジャムなどに利用できる

乾燥好まず日当たりのいい場所を好み、寒さにもそれなりに強い。

ベリーが実るため、被害他のブログ見ているとある。

特に虫ヤラガという気を付けたほうがいい。

正直これだけで候補から外れてしまう。。。

ココスヤシ

今、外構お願いしている会社聞いたおすすめシンボルツリー

南国植物で、暑さ寒さ強く成長が遅いため管理もしやすい。

しかし、大きいもの多く自分たち地植え行えない。

南国植物のため、見た目もよくリゾート気分味わえる

まとめ

本当は、もっと出てくる色々出てくるのですが、

私たちが気になっているものを中心にまとめました。

正直、まだまだ悩み中です。まだ冬はこれからなので、しばらく考えてみようと思います。

質問ご意見などありましたら、インスタグラムのほうにご連絡ください。

宜しくお願い致します。

では、本日はここまで。

Instagram 【@markneovo1910

RoomClip   【markneovo1910