確定申告について

どうも皆さん、平凡です。

年末が近づき、仕事納めの方もいらっしゃると思います。

年末のため仕事バタバタしてブログが書けていませんでした。

申し訳ありません

さて、前置きはこの辺にして新築を建て、年を越すと出てくること。

それは、、、確定申告です。

そもそも、なぜ確定申告必要かと申しますと 住宅ローン控除 を受けるためになります。

会社属している方ですと年末調整にて保険などの控除が行われますが住宅ローン控除については、1年目確定申告にて行わなければなりません。

1度行うとそれ以降は、年末調整にて控除が行われますので大事な1年目になります。

どれくらい控除されるかというと住宅ローン残高1%10年にわたり所得税より控除されます。

結構大きいですよね。

確定申告の時期は2/16~3/15までとなりますので、忘れずに行いましょう。

確定申告にて一番の面倒は必要書類が多いことです。

私もそうですが、普段確定申告なんてしたことが無いので、何が必要か全くわかりません。

この辺は、ハウスメーカーに聞くのが一番だと思いますが、このブログでも書いていこうと思います。


必要書類

・確定申告書

・住宅借入金等特別控除額の計算明細書

上記の二つは国税庁のサイトからプリントアウトするか税務署にて入手可能です。

・源泉徴収票

会社員であれば勤務先にて「家を買った年」の源泉徴収票を入手することになります。

・住民票の写し

控除対象者の新しい住所の住民票になります。これは各市役所等で入手可能です。

・住宅ローンの「年末残高証明書」

住宅ローンを借り入れた金融機関から送付されます。

・建物・土地の不動産売買契約書・工事請負契約書のコピー

土地を購入して家を新築する場合は「土地の売買契約書」「建物の工事請負契約書」のコピーが必要になります。

・建物・土地の登記事項証明書

購入した住宅の住所管轄の「法務局」にて入手可能です。ハウスメーカーの営業などに依頼することも可能だったような……

・その他

長期優良住宅や耐震基準を満たす中古住宅などの場合、それぞれを証明する書類のコピーが必要なります。


ざっくりと書かせて頂きましたが、以上のものが必要になり、2/15~3/16の間までに手続きを済ませないといけません。

私たちを含め、住宅を購入された方派対象になりますのでご参考になればと思います。

では、本日は以上になります。

Instagram 【@markneovo1910

RoomClip   【markneovo1910