Z空調を使ってみたわかったこと

2018-01-16

どうもみなさん、平凡です。

今回のテーマは、Z空調 です。

Instagramの方で質問を頂き、そういえば導入前にこんな悩みがあったなーということを色々思い出しブログに詳細に書こうと思い立ちました。

私たちは、11月から入居し約1カ月Z空調稼働させております。

その中で導入前に感じていた疑問などについて分かったこと書いていきます。




快適さ

Z空調説明については、桧家住宅の良かったところ悪かったところにて書かせて頂いておりますので詳細については省きますが、簡単に言うと全館空調システムになります。

夏は暑く、冬は寒い。日本の家の常識を変えていくがキャッチコピーのZ空調

1年中快適な温度実現し、快適生活を送れるということです。

11月寒気影響で急に寒くなりましたが、Z空調のおかげでとても快適過ごせております。

快適さについては、うたっている通り、問題ありません。

現在、設定温度は、1階暖房21℃2階暖房20℃として使っております。

環境省によると推奨設定温度暖房の場合20℃とのことです。

1階少し上げているには理由があります。

1階は2階と違いLDKが一つの大きな部屋になっております。そのため、いくらZ空調の排気口があっても20℃だと少し肌寒く感じたからです。我慢できなくはないですが21℃に変更したことにより、快適さが増しました。

2階20℃設定で全然問題ありません。これぐらい寒くなると毛布などを必要としておりましたが、私に関してはタオルケットだけでも十分です。Tシャツ・ステテコで寝てますし。(笑)

少し気になるのは、朝方です。朝方は日中寝る前までより寒く感じます。

Tシャツ・ステテコ過ごせているので感覚マヒしているだけかもしれませんが、普段より少し寒いくらいです。凍えるようなことは全くありません。

また、廊下トイレなどは部屋ほど暖かいわけではありません。排気口無いため部屋から流れ込んできた空気温度保っているような形です。

乾燥

導入前からいろいろ調べていると気になってくるのが乾燥です。

エアコンを付けているがゆえの宿命ともいえる乾燥ですが、これは想像以上です。

仕事から家に帰ると湿度計20%台をマークしております。

帰ってすぐに加湿器を付けておりますが、1階に関しては、大きい部屋のため上がっても40%前半が限界です。50%台保ってほしいところですが、Z空調付けている状態LDK50%上回ったことがありません。

40%台一応適切な湿度とのことですが、子供もいるのでもう少し欲しいところです。また、乾燥がすごいため、加湿器数回補充します。

これから導入する方は、乾燥については想像を超えてくるので注意してください。

ただ、乾燥していいこともありました。

私たちは、共働きのため日中家にいません。そのため洗濯物は確実に天気がいい日でない限り部屋干しです。雨が降っているときなど部屋干しのため、乾いているか心配ですが、乾燥すごいので帰ってきたときにカッピカピです。(笑)

最初はたまたまだと思っていましたが、百発百中乾いているので乾燥メリットと感じました。

基本的に乾燥良くないですが場合によって良い感じることもあると思いました。

光熱費

申し訳ありませんが、こちらについてはまだ電気代の請求が来ていないため、請求があり次第、ブログに更新する予定です。

光熱費が判明したので、下記のリンクで書くブログに飛ぶことが可能です。

光熱費:2017年11月

光熱費:2017年12月



太陽光との相性

太陽光との相性と書きましたが、太陽光売電もまだ始まっていないのでこちらについても不明確な部分があります。

また、Z空調だけでなくオール電化のためIHなども含まれるため単純にZ空調太陽光相性がいいのかオール電化太陽光相性いいのか怪しいところです。

しかし、自宅のHEMSをのぞいてみるとZ空調一番電力消費しているようです。

上記グラフを見て頂ければわかると思いますが、1階、2階Z空調だけで大幅占めていることが分かります。オール電化であっても大半Z空調と考えれば太陽光Z空調相性について書けるのではないかと思っております。

しかし、太陽光発電搭載量などにもよりますので、ここでは相性良いなどの断定避けたいと思います。売電始まり太陽光電気代差し引きがどれくらいになるか安定したら書いていこうともいます。

改善希望点

ここからは、改善希望になります。

この先、Z空調希望的観測みたいな感じです。

排気口の調整角度

現在上記画像のような排気口各部屋ごとにあり、角度調整できますが、極端にしか変更できません。

もう少し角度を細かく調整できるようになると嬉しい人は多いんじゃないかなと思います。

いっそのこと自動で角度変更できるようにしてくれたら尚良いかもしれませんね。

 部屋ごとに温度調整

現在、Z空調フロアごとの温度設定可能です。

部屋ごと温度調整ができるようになるとより良いのではないかと思います。

それをしたいなら部屋ごとにエアコンを付けろって話ですけどね……笑

保守面の強化

Z空調は、ダイキンエアコンになります。そのため、故障もあります。

もちろんメーカー保証もありますが、Z空調として売り込んでいる桧家住宅としては、保証薄いのではないかと思います。

担当営業にもお聞きしましたがキャンペーンのおかげで搭載数も増加したため、保証については追加されるのではないかとのことです。

まとめ

さて、Z空調について書かせていただきました。

こんなことを知りたいんじゃないもっとこう知りたいなどあったらInstagramなどで質問していただければ答えますので是非お願いします。

まだ、使い始めたばかりなので故障したときとかどうなるか不安ですがその都度ブログは更新しようと思います。

Instagram【@markneovo1910

RoomClip 【markneovo1910